現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

ドイツ時計に付いて


ドイツ時計に付いて




ドイツ時計に付いて


●特徴

ドイツ人は・・・時計好き 基本性能重視 反付加価値的 精度追求 名誉&プライド 信頼&信用
理科系アイディア 流線型嫌い 重厚長大 視認性優先 ミリタリー系人気

●歴史

アドルフ ランゲがドレスデン近くで地場産業として時計作りを教えた。
ドイツの優れた時計製作技術は、第二次世界大戦の終戦と同時に連合国軍に接収または破壊された。
スイス時計産業は連合国の庇護の下生き残ったが、敗戦国ドイツの時計産業は解体され、例えば
Tutima ミリタリークロノグラフ などは その存在すら消されてしまうほど、徹底的に破壊された。

存続さえも危ぶまれた、ドイツ時計産業は第二次世界大戦の敗戦、ZEROからの再スタートを強いられたが、
民族の誇りをかけた名誉の回復へ向け、ひたむきな努力を続け製品開発、改良を続けた。


●ドイツ型流通

 合理的な思考回路を好むドイツ型流通にいおいては、スイス的な自国ブランド力を前面に出した
マーケティングよりも、品質、基本性能を前面に出すクオリティー第一主義を採る。
そのため、ブランディングの統制に不可欠な中間流通管理商社の存在はスイスに比べ少なく、
むしろメーカーの思考は、ダイレクトマーケティングの採用で製品価格の適正価格化を志向し、
価格/製品性能(コストパフォーマンス)の最大化を目指す傾向がある。

 簡素化された流通はマーケットにおける製品滞留期間の短縮化に寄与し、フレッシュな製品での
マーケットからの支持獲得を目指す。
eコマースの発展は、ドイツ人の合理的な流通志向に合致し、多くの時計メーカーが
ダイレクト販売と肥大化した流通経路のカットへ意欲的に取り組んでいる。

だからドイツ時計は面白い。そしてまだまだ変化するし、スイスが出来ないことへチャレンジしてくる。
この10年でドイツ時計は独自の時計文化の基礎を作り上げ、更のその歩みを進めるだろう。
時計は日常生活に密着したもの、ドイツの思考に沿ってユーザーサイドに立った時計作りを、ドイツ時計産業は目指す



●ドイツ人時計師 & 時計メーカーオーナー


アドルフ ランゲ(ランゲ&ゾーネ)
ライナーニーナバー(AHCI King Size watch)
ローターシュミット(Sinn)
ディータデレカーテ(Tutima)
フィスコッシル(AHCI Volker Vyskocil)
ヨルグ シャウアー(Stowa/Durowe)
ヘルムート ジン(Chrono sporte/Ginand)
トマス イックラー(Archimede/Limes)
ハンスヨルグ ボルマー(Aristo/Messershmitt)
クラウス ヤコブ(Jacques Etoile)
マルセロ カインツ(Marcello C)



●Made in Germany の誇り

工業製品における性能への信頼性の証 Made in Germany。
各分野におけるそうそうたる先進ブランドたちを列挙する。


【自動車】
メルセデスベンツ
フォルクスワーゲン
アウディ
ポルシェ
BMW

【カメラ】
ライカ

【筆記用具・文具】
モンブラン(ハンブルグ)
ペリカン
ステッドラー(文具)

【雑貨】
ゾーリンゲン(刃物)
リモワ(カバン)
リーデル(ワイングラス)

【産業】
シーメンス (バイエルン 製造業)



Made in Germany は信頼できる、安心して使える、自信を持って輸入できる、
ドイツ人の誇り、プライドが詰まっている、それを感じられる・・・


c-watch company  はドイツ時計を自信を持ってご紹介します




 お気に入りページに追加