ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

グローリアス・ヴェンチャーズ ピーター・グレイアム作品集 木村寛仁 GLORIOUS VENTURES【…

カテゴリトップ > 楽器別CD・楽譜 > ユーフォニアム > CD > 木村寛仁
カテゴリトップ > 作曲家・編曲家 > G > ピーター・グレイアム(Peter Graham) > 作品集CD > ソロ

cd-1079


グローリアス・ヴェンチャーズ 
ピーター・グレイアム作品集 
木村寛仁 

GLORIOUS VENTURES

【ユーフォニアム CD】WST-25002


商品番号  CD-1079
価格1,334円 (税込 1,440 円) 送料別
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

■その他「ユーフォニアム」CDはこちら!

■その他「ピーター・グレイアム作品集」CDはこちら!

■その他「木村寛仁」 演奏CDはこちら!



ビロードのようなサウンドとハートフルな歌心で、ヨーロッパをも唸らせた木村寛仁待望のソロ・アルバム! 初CD化を含む、ピーター・グレイアム作品集!

ソロ・ユーフォニアムとピアノのための作品集「グローリアス・ヴェンチャーズ」を皆さんにご紹介できることは、この上ない喜びです。木村さんと浅川さんの演奏は、感動的であり、心に訴えかけてきます。その繊細かつ誠実な音楽解釈には、たいへん満足しています。(ピーター・グレイアム)

【木村寛仁 (きむら ひろまさ)】
1963年、兵庫県川西市生まれ。ユーフォニアムを的場由季、三浦徹、室内楽を森下治郎の各氏に師事。大阪芸術大学演奏学科(ユーフォニアム専攻)を、グランプリを得て卒業。その後、米国、Dr.ブライアン・ボーマンの許で研鑚を積む。日本管打コンクール入選(1989)、世界ユーフォニアムテューバカンファレンス独奏コンクール第2位受賞(1990)などの栄誉にも浴し、在阪各オーケストラをはじめ、大阪市音楽団、東京佼成ウィンドオーケストラなどの客演奏者を務める傍ら、自身が主宰する大阪小バス倶楽部、ジャパンブラスコレクションのメンバーとして活動。ブリーズ・ブラス・バンドでは、1990年の発足時より10年間ソロ・ユーフォニアム奏者を務め、同バンドの欧州公演では、ソリストとして各地で好評を得た。日本管打コンクール(ユーフォニアム部門)ほか、各種音楽コンクールの審査員をつとめる。大阪音楽大学専任講師をへて、2007年、同大学准教授に就任。(使用楽器 : BESSON, BE2052-2)



・ユーフォニアム:木村寛仁(Hiromasa Kimura)
・ピアノ:浅川晶子(Akiko Asakawa)

・発売元:WINDSTREAM

  2006年9月27〜28日 兵庫県川西市/みつなかホールにて収録


作曲:ピーター・グレイアム(Peter Graham)【全曲】

1. ホーリー・ウェル 【3:52】
   The Holy Well
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
2. グローリアス・ヴェンチャーズ 【2:32】
   Glorious Ventures
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
3. レインフォレスト 【2:29】
   Rainforest
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
4. ケルトの夢 【2:20】
   Celtic Dream
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
5. ドイルの哀歌 【2:53】
   Doyle's Lament
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
6. つむじ風 【2:38】
   Whirlwind
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
7. 小さな願い 【1:53】
   A Little Wish
アンサンブル購入⇒(ユーフォニアム&ピアノ)
≪2007年01月新入荷≫



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

ritalin20mgさん 40代/男性

評価5.00

投稿日:2007年02月19日

待ちに待ったソロデビューである。関西では、屈指のユーフォ奏者として知られ、幅広く活動をされてきた。近年は市民バンド等の指揮者としても辣腕を揮った。そして、こうしてソロアルバムを聴くことが出来ることは、何よりも嬉しく思う次第である。さて、内容はグレイアムの小品7曲で、収録時間が短くてミニアルバムというところだが、大曲や難曲で長時間の演奏を聴くよりも、ユーフォの魅力と氏の個性をストレートに堪能出来る... …続きを読む