ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

■ポピュラー・コンサート・バンド Vol.1 ワシントン・ウインズ Popular Concert Band Vol.1…

カテゴリトップ > ポップス・映画音楽・クリスマス
カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(海外)1 > ワシントン・ウィンズ(The Washington Winds)
カテゴリトップ > 出版社 > (海外) > デ・ハスケ(de haske) > CD

★アレンジャー陣もバーンズ、R.W.スミスと超豪華!
ポップス曲はこれで決まり!


CD-0498


◎ポピュラー・コンサート・バンドVol.1ワシントン・ウインズPopularConcertBandVol.1【吹奏楽CD】


ポピュラー・コンサート・バンドVol.1ワシントン・ウインズPopularConcertBandVol.1【吹奏楽CD】


 ■ポピュラー・コンサート・バンド Vol.1 
ワシントン・ウインズ 

Popular Concert Band Vol.1

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-0498
価格2,297円 (税込 2,480 円) 送料別
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

■その他「ポピュラー・コンサート・バンド 」シリーズCDはこちら!



 アメリカ最大の音楽出版社、ワーナー・ブロスの膨大な出版楽譜の中から人気・ポップス・アイテムをピックアップした参考音源集Vol.1。さすがにアメリカの大手だけあって収録曲も「スター・ウォーズ」だの「ハリー・ポッター」だの、映画音楽とミュージカルを中心としたメジャーどころばかり。なんか、それだけでもワクワクしちゃうよね。

 しかも、アレンジが実に凝ってて、普通なら有名なメイン・テーマ部分をそのまま吹奏楽にしちゃっところを、ひと工夫ひねってあって、これが実に魅力的なんだよね。アレンジャー陣もあのバーンズとかR.W.スミスなどの大物どころを使ってるのも、さすがワーナー、やってくれるよね。ほとんどの曲がメドレー形式なので、より内容がわかりやすいように記載しておくんで、じっくりとチェックしてみてくださいね。

 オイラのお薦めは、珍しいファゴット・ソロなんかも入れてビックバンド風の味つけがオシャレな「ポーギーとベス」、そして、鳴りまくるR.W.スミス編曲の「スター・ウォーズ」。そして、古き良きアメリカ映画の黄金時代を再現したようなミュージカル・メドレー「ア・タッチ・オブ・ブロードウェイ」がかなり気に入っちゃいましたね。聴いてるだけで幸せ気分になれる・・・そんなアルバムです。何かの時に役に立ちそうなCDだから、バンドに1枚は置いとくといいかもよ!


・演奏団体:
ワシントン・ウインズ(The Washington Winds)
・指揮者:エドワード・ピーターセン(Edward Petersen)

・発売元:デ・ハスケ(de haske)

 

1. ポーギーとベス/ジョージ・ガーシュイン(arr.ジェームズ・バーンズ) 【8:19】
   Porgy and Bess/George Gershwin(arr.James Barnes)

・I Got Plenty O'Nuttin
・It Ain't Necessarily So
・Summertime
・Crab Man
・Bess,You Is My Woman Now

 

2. 交響組曲「ハリー・ポッターと秘密の部屋」/
    ジョン・ウィリアムズ(arr.ロバート・W・スミス) 【6:05】
   Symphonic Suite from Harry Potter and the Chamber of Secrets/
    John Williams(arr.Robert W. Smith)

・Prologue Book II
・Theme
・Fawkes the Phoenix
・Harry's Wondrous World

3. 交響組曲「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」/
    ハワード・ショア(arr.ジェリー・ブルーベイカー) 【7:29】
   Symphonic Suite from The Lord of the The Rings:The Two Towers/
    Howard Shore(arr.Jerry Brubaker)

・Forth Eorlingas
・Evenstar
・Rohan
・Isengard Unleashed
・Breath of Life
・Gollum's Song

4. イン・ザ・ミラー・ムード(arr.ウォーレン・バーカー) 【10:33】
   In the Miller Mood(arr.Warren Barker)

・In the Mood
・Moonlight Serenade
・I've Got a Gal in Kalamazoo
・Serenade in Blue
・Little Brown Jug
・At Last
・Anvil Chorus

5. 映画「スター・ウォーズ:エピソードII〜クローンの攻撃」/
    ジョン・ウィリアムズ(arr.ロバート・W・スミス) 【4:13】
   Star Wars:Episode II/John Williams(arr.Robert W. Smith)

・Main Title
・The Space Canister Caper
・Across the Stars

6. ミュージカル「シカゴ!」より(arr.ヴィクター・ロペス) 【4:18】
   Chicago!(arr.Victor Lopez)

・My Own Best Friend
・Razzle Dazzle
・All That Jazz

7. ア・タッチ・オブ・ブロードウェイ(arr.ジャック・ブルック) 【6:04】
   A Touch of Broadway(arr.Jack Bullock)

・My First Lady
・Sweet Charity
・Brigadoon
・Fiddler on the Roof、他いっぱい!

8. ハリーの不思議な世界(映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」より)/
    ジョン・ウィリアムズ(arr.ジェリー・ブルーベイカー) 【3:25】
   Harry's Wondrous world from Harry Potter and the Chamber of Secrets/
    John Williams(arr.Jerry Brubaker)

9. アップ!(arr.ジェリー・ブルーベイカー) 【2:47】
   Up!(arr.Jerry Brubaker)

10.虹の彼方に(映画「オズの魔法使い」より)(arr.ジェリー・ブルーベイカー) 【3:06】
   Over the Rainbow(arr.Jerry Brubaker)

11.マンシーニ・マジック/ヘンリー・マンシーニ(arr.ジェリー・ブルーベイカー) 【3:50】
   Mancini Magic/Henry Mancini(arr.Jerry Brubaker)

・Mr.Lucky
・Baby Elephant Walk
・Moon River
・Charade
・The Pink Panther
・Peter Gunn

12.ザ・グラディエーターズ(arr.ロイ・フィリップ) 【4:11】
   The Gladiators(arr.Roy Philippe)

・From THE GLADIATOR and BEN HUR Movies
・Might of Roma
・Parade of the Charioteers
・Barbarian Horde

13.映画「パーフェクト・ストーム」/ジェームズ・ホーナー(arr.レイフ・フォード) 【7:10】
   The Perfect Storm/James Horner(arr.Ralph Ford)

・Coming Home from the Sea
・Navy Hymn

14.エルトン・ジョン・フェイヴァリッツ/
    バーニー・トーピン&エルトン・ジョン(arr.ヴィクター・ロペス) 【5:27】
   Elton John Favorites/Bernie Taupin & Elton John(arr.Victor Lopez)

・Sad Songs
・I Guess That's Why They Call It the Blues
・I'm Still Standing
・Dont't Let The Sun Go Down On Me




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

うーれんさん 男性

評価3.00

投稿日:2007年03月04日

輸入版のポピュラーサウンドということで、お試しで購入いたしました。コンサート等のポップスメニューとして主要楽器のsoloもあり、聴きなれた曲目が各所に構成されており、それなりに面白いものがあります。しかしながら、いざプログラムのどこに入れるかというと少し悩んでしまう感があります。またアレンジについては、全体的に演奏自体の編成が薄いので、人によっては若干の物足りなさを感じるかもしれません。