敷布団 車中泊 マット【日本製 XースリーパーS】床付き無し!しっかり快適安眠保証!洗える 車…

海外配送対応


カテゴリトップ > 敷布団 > マットレス
カテゴリトップ > 敷布団 > 洗える布団 > シングル
カテゴリトップ > オリジナル企画 > 車中泊グッズ
カテゴリトップ > オリジナル企画 > 海外配送可能商品
























【送料無料】【日本製】【XスリーパーS】床付き無し!しっかり快適安眠保証!蒸れない洗える車中泊用敷き布団(マット)/一人用65cmX125〜200cm/帝人ウォシュロン/アウトドア用

詳しくはこちら

【送料無料】【日本製】【XースリーパーS】床付き無し!しっかり快適安眠保証!蒸れない洗える車中泊用敷き布団(マット)/一人用65cmX125〜195cm/帝人ウォシュロン/アウトドア用【smtb-kd】

詳しくはこちら

【送料無料】【日本製】【XースリーパーS】床付き無し!しっかり快適安眠保証!蒸れない洗える車中泊用敷き布団(マット)/一人用65cmX125〜195cm/帝人ウォシュロン/アウトドア用【smtb-kd】

詳しくはこちら

車中泊敷布団 X-スリーパーS
車中でも、ぐっすり眠りたい方におすすめ!
敷布団 車中泊 マット
【日本製 XースリーパーS】
床付き無し!しっかり快適安眠保証!
洗える 車中泊用 敷き布団 (マット)
一人用65cmX125〜195cm アウトドア用


2010年に国の政策で高速代が1,000円になった頃が
ありました。
テレビで、パーキング等で車中泊する方を見て、
車中泊でも疲れのとれる敷布団を作ってみたいと
思いました。
早4年、X-スリーパーはたくさんの方に
購入いただいています。
車中泊マットというよりは、車中泊専用敷布団を
企画しました。

【X-スリーパーの特徴】
・座席の凸凹を、ジャバラウレタンが吸収し
 快適に眠れます。(凸凹が気になる場合は、
 クッション等で、補強してください。)
・中芯とカバーは取り外しができます。
 カバーは、手洗いができますので長く
 清潔に使用していただけます。
・クルクルと畳めてコンパクトになります。
 ウレタンなので軽量です。
・ジャバラウレタンを伸ばすと空気穴が開きます。
 この空気穴のおかげで通気性がよく、夏は蒸れず、
 冬は暖かです。
・洗える綿に防ダニ綿をブレンドしたふわふわの
 ポリエステル綿を中綿に使用していますので、
 ご家庭の敷布団の感覚でご使用いただけます。

×−スリーパーSは、一人用シートに合う大きさで
作られていますから、釣り・出張の仮眠等、
一人旅にも重宝に使用いただけると思います。
興味のある方は是非、ご使用してみてください。

サイズ 65cm×125〜195cm
(たたんだ時のサイズ:70×60×30cm)
生地 カバー:綿100%
中芯用
生地
ポリエステル100%
中綿 カバー:ポリエステル100%(0.3kg)
中芯:50mmジャバラウレタン
総重量 2.0kg
原産国 日本製
製品梱包
サイズ
サイズ C(布団等)
この商品の送料確認⇒こちら!


◆海外発送料金の目安はこちら!


◆床付き無し!快適車中泊敷き布団!

  ×−スリーパーL       車中泊マット

◆こんな小物があったら快適に睡眠できます!

  快適グッズ:クッション       快適グッズ:長座布団



商品番号  10072004
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格9,800円 (税込) 送料別
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー
ブラックブラウンベージュ
×・・・売り切れ
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを見る(232件)/ 書く

この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(232件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.45

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2014年12月18日

日々、トラック大型車中泊の友人にプレゼントしたのですが、長さ調節できるため非常にフィットし、しかもクッションが心地よく、今まで何度も目覚めていたのが熟睡できるようになったと大変喜ばれました。良いものを贈れたとおもってます。 

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2014年12月17日

 息子の部屋に

息子の隠れ部屋の布団に買いました息子は快適だそうです反発力が強く寝心地が良いらしいです 

使い道 実用品・普段使い 使う人 子供へ 購入回数 はじめて 

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2014年11月24日

 良いです

ほどほどのクッション性とほどほどの大きさで子供も大人も気持ち良いです。 


 海外販売お買い物ガイドShopping Guide 英語ページはこちら(See the English page)