【名入無料】イタチ筆かな用(書道筆・熊野筆)あさつゆ小/S-31(伝統的工芸品 熊野筆!職人手…

営業日カレンダー
2014年10月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2014年11月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
休業日
配送休業日
配送のみ

カテゴリトップ > 熊野書道筆(毛筆) > 小筆
カテゴリトップ > 熊野書道筆(毛筆) > 鼬毫筆

【名入れ無料】イタチ筆かな用(書道筆)あさつゆ小/熊野筆


【名入れ無料】イタチ筆かな用(書道筆)あさつゆ小/熊野筆


伝統的工芸品 熊野筆!職人手づくりの書道筆です。
【名入無料】イタチ筆かな用(書道筆・熊野筆)
あさつゆ小
/S-31


商品番号  S-31
価格1,700円 (税込 1,836 円) 送料別
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを見る(6件)/ 書く

メール便対応商品


かな用

イタチのコシの弾力を高める為
に、通常約6mm〜9mm埋めるところを12mm〜15mm埋め込んでおります。
それにより、押した後引き上げると真っ直ぐに戻るぐらいの強みを生みだしました。
同時に開いた穂先は、引き上げると同時に閉じます。
かなの
繊細な極細の線も、自在にだせる筆です。


穂主原料 : イタチ
軸の種類 : 白軸
全   長 : 約215mm
毛   丈 : 約23mm
内   径 : 約2.8mm



ご注文前に必ずお読みください



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(6件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.83

*hane*さん 30代/女性

評価4.00

投稿日:2014年02月20日

 娘に。

昨年から書道教室に通っている娘の名前書き用に購入しました。実物が見られないので、サイズがちょっと小さいんじゃないかと思ったんですが、他にお子さんに購入したという方がいらしたので、注文してみました。実物を見て「細っ!!」と思いました(^_^;)今まで使っていた習字セットに入っていた物と比べると、とても細いです。失敗したかな?と思いましたが、娘が使ってみると言うので、まず学校に持たせました。「書... …続きを読む

使い道 実用品・普段使い 使う人 子供へ 購入回数 はじめて 

mulugungoさん 30代/女性

評価5.00

投稿日:2012年01月08日

 高級感あり

子どもに送りました。名前が漢字行書体で依頼したのですが、うれしかったようです。親も大事にながく使わせるといってました。 

使い道 おもたせ・ギフト 使う人 子供へ 購入回数 はじめて 

seto3496さん 30代/男性

評価5.00

投稿日:2011年11月07日

適度なコシでとても書きやすいです。行書体で名前入りを希望しましたが、白い文字で映えます。初めて熊野筆を購入しました。よい品物でした。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 はじめて 


経済産業大臣指定 伝統的工芸品 熊野筆
熊野書道筆(毛筆)
筆職人が1本1本丹念に造り上げたこだわりの逸品

筆の町熊野町

人口約26,000人、その内1,500人が筆司という筆づくりの技術者です。
認定試験に合格し、伝産法第24条8号により伝統工芸士に認定された、筆づくりの名人が17名います。

18世紀末(江戸時代末期)ごろ、平地の少ない熊野村では、農業だけでは生活が苦しいため、農閑期を利用して、奈良地方から筆や墨を仕入れ、それを売りさ ばいていたことが、きっかけとなり、筆と熊野の結びつきが生まれました。
今から約170年前になると、広島藩の工芸の推奨により、全国に筆、墨の販売 先が広がり、本格的に筆づくりの技術習得を目指すことになりました。
その先駆者となったのが、当時筆づくりが進んでいた、奈良や兵庫県:有馬に派 遣されたり、地元に招いた筆づくり職人に、技術を習った若い村人達でした。
その後、村民の熱意と努力により筆づくりの技が根づき、明治5年に学校制度が でき、33年には義務教育が4年間になるなど、学校教育の中で筆が使われるよ うになり、生産量が大きく増加しました。
第2次世界大戦後、習字教育の廃止により毛筆の生産量が落ち込んだ時期もありましたが、昭和30年頃からは画筆や化粧筆の生産も始まり、昭和50年には広島県で始めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けました。
現在では、毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展しています。このように、熊野の筆づくりは、今もなお親から子供へ子供から孫へと引き継がれています。



書道筆(熊野筆)

極上一品細微光鋒
ストラップ 書初め 特大筆 太筆 中筆 小筆 羊毛筆 兼毫筆 いたち筆

【おすすめ情報】メイクブラシ 訳あり特価セール